淘汰される薬剤師

こんにちわ。薬剤師グレー転職サークルを主宰する日英と申します。
元薬剤師で今は地方創生を支援する地域団体で書記長をやっています。
その過程で薬剤師不足が地域社会に与える影響を見てきました。

そして感じたこと。
それは今後薬剤師は生き残れないという事実です。
一部の優秀な薬剤師は生き残れるでしょう。
しかし普通の薬剤師は転職するのを難しい時代がきます。
そうなる前にちょっとグレーな転職テクを身に付けて、より良い職場に移っておくのが重要です。
つまり薬剤師は今転職をすべきなのです。

淘汰される薬剤師

薬剤師の活躍の場は実に様々です。

病院や調剤薬局での調剤業務、ドラッグストアでのOTC医薬品の販売、製薬会社や医薬品卸会社でのDI業務、化粧品メーカー、公務員など、働き方は多彩です。
「医師や看護師は臨床現場の勤務がほとんどだが、薬剤師は職種が多様であり、職能イメージが明確ではない」、「医師の指示通りに調剤するだけで、特別な資格が必要とは言えない」といった声もありますが、これは日本における薬剤師の活動の幅が極端に狭いことが原因です。
薬剤師法第1条は、「薬剤師は、調剤、医薬品の供給その他薬事衛生をつかさどることによって、公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もって国民の健康な生活を確保するものとする」と規定しています。つまり、薬剤師の業務は必ずしも「調剤」に特化しているわけではないのです。
ところが、調剤薬局の薬剤師の主たる業務は調剤であるというのが現実です。長年薬剤師不足に悩んできた調剤薬局は、調剤業務だけで手一杯だったのです。
アメリカや他の先進国では、棚から薬を取り出すピッキングや薬剤の調製などは調剤助手(テクニシャン)が行うのに対し、日本の薬剤師はこれらの単純作業に加え、疑義照会、服薬指導、処方監査等の専門的業務を行わ