病院、薬局の薬剤師に今後求められる役割

医療が進歩し様々な作用機序の薬がどんどん開発されている今の時代、薬剤師は昔のようにただ薬を調剤し患者さんに渡すだけでなく、医師や看護師と共に積極的にチーム医療のスタッフのひとりとして活躍することが重要です。

病院の薬剤師

病院で働く薬剤師は、入院患者さんへの服薬指導や副作用チェックをすること、患者さんの治療方針を決定する際に薬の専門家としての医師にはない角度からの意見が求められます。
院内で調剤業務をするだけでなく、医師の回診に同行したり、看護師など他の医療スタッフと情報を共有し合ったりすることで、患者さんそれぞれのケースに応じた最適な薬やその投与方法の選択などに関与していきます。
医療過誤の多くは医薬品によるものといわれます。今後、薬剤師が積極的に医療スタッフとして治療に介入していくことで、医療の質や患者の満足度は高まるでしょう。

薬局の薬剤師

薬局の薬剤師には、地域の人々の健康を守る身近な相談相手としての役割が求められています。患者さんにとっての「かかりつけ薬局」となることです。
かかりつけ薬局とは、患者さんが様々な病院でもらった処方箋のすべてを調剤してもらうための行きつけの薬局です。
かかりつけ薬局を持つと、1つの薬局ですべての薬を管理することになるので、薬の重複投与や相互作用による副作用などを、より発見しやすくなります。
また、薬局に薬を取りにくることが困難な患者さんのところに、服薬指導や医薬品管理指導などのために訪問する在宅医療業務を行っている薬局もあります。何か疑問があるときに気軽に相談できる窓口であるべきと考えられています。
今後、薬剤師には、薬学だけでなく医学全般の知識を身につけ、今までよりも臨床を熟知した「医療従事者」となることが必要になるでしょう。