薬剤師の勤務先別の仕事内容

多岐にわたる薬剤師の業務

薬剤師の仕事と言えば医師の処方せんに基づいて調剤を行う業務が代表的ですが、勤務先によって他にもさまざまな仕事があります。
薬局や病院と製薬会社では大きく違いますし、保健所や厚生労働省で公務員として働くケースもあり、その業務は多岐にわたります。

調剤薬局

病院やクリニックのそばには調剤室を備えた調剤薬局があります。
そこに勤める薬剤師の業務は、医師の処方せんを元に薬の調剤、患者さんへの服薬指導、患者さんの薬歴管理の3つが中心です。
医師の処方せんに不備がないかの確認や、患者さんのお薬手帳を見て飲み合わせに問題が無いかなどを確認するなど、患者さんとのコミュニケーションも重要になります。
また、管理薬剤師になれば医薬品の管理なども行います。

病院・クリニック

病院での業務も調剤、服薬指導、薬歴管理が中心ですが、病院ならではの仕事もあります。
外来の患者さんだけでなく入院患者さんへの調剤や服薬指導を行うところもあり、そうした病棟専門の病棟薬剤師を置いている病院もあります。患者さんとより密に接する仕事です。
また、外部の調剤薬局と異なり、病院独自の製剤や注射薬の調剤などもあります。
その他に医薬品の管理、医薬品情報の収集管理、化学療法や治験業務、薬の血液中の濃度を測定して個々の患者さんに合わせた薬物療法の方針を決めるなどの仕事も行います。
医師や看護師に薬剤師の立場から投薬について意見を述べたり、チーム医療の一員として患者さんの治療にあたることもあります。
病院によっては、がんやHIV、精神科、産婦人科などの専門的な薬剤師を置くこともあり、そうした仕事では最新の専門知識・技能が必要とされます。

ドラッグストア

ドラッグストアでの薬剤師の仕事は、OTC医薬品(一般用医薬品)の販売および薬についてのアドバイスなどです。
商品の幅広い知識とお客さんとのコミュニケーション能力が重要な仕事です。
またドラッグストアには調剤室があるところもあり、調剤薬局と同じく調剤・服薬指導・薬歴管理を行います。その場合、調剤業務専門になる場合と、調剤業務とOTC販売業務の両方をこなさなければならない場合があります。
店長職をまかされた場合、商品や売上、従業員の管理など経営方面の仕事も並行して行います。

製薬会社

製薬会社での仕事はさまざまなものがあります。
求人で良く見かけるのは、医薬情報担当者(MR)、DI、臨床開発モニター(CRA)、治験コーディネーター(CRC)、臨床開発などです。
MRは医療従事者に医薬品の情報を提供したり副作用情報のフィードバックなどをする仕事です。営業にあたるものですが、あくまでも情報の提供がメインで、売り込みをするのとは異なります。ただし文系出身者が半数近くで、薬剤師のMRは1割程度です。
DIは医薬品情報の管理を行います。さまざまなデータを集め整理し、社内外へ必要に応じて提供します。
CRAとCRCはどちらも治験に関する業務を行います。
CRAは製薬会社を補佐する仕事で、治験の実行を担当し、契約やモニタリングなどの進行や、症例報告書の確認・回収などを行います。
CRCは病院側を補佐し、治験の被験者の症例登録やケア、データ収集、症例報告書作成のサポートを行います。
臨床開発では医薬品の開発に関わり、治験が適切かを評価する品質管理(QC)、医薬品の製造から出荷までを見て品質や製造効率の水準を良くする品質保証(QA)、治験データの集計・解析を行うデータマネジメント(DM)などの仕事があります。

その他

薬学部の大学教員の場合は自分の研究を行う傍ら学生に講義や指導をします。
また公務員として働く場合、公立病院の薬剤師以外にもさまざまな職種があります。
厚生労働省や都道府県庁で薬事行政に携わる、保健所で薬事衛生の仕事をする、麻薬取締官として薬物犯罪防止に取り組む、公立の研究機関で創薬等の研究をする、薬事情報センターで薬に関する情報全般を提供するなどです。