薬剤師として将来性のあるスキルアップができるのは?


将来性の高いスキルアップに有利な職種は?

薬剤師というと安定した職業のイメージがありますが、薬剤師の資格があっても必ずしも安泰というわけではありません。
今後、薬剤師過多となり、また一部の店舗では薬剤師を減らし登録販売員を増やす傾向にあるなど、リストラなど厳しい時代が来ると言われています。
そのような時代を生き延びるには、薬剤師としてのスキルを磨いておくことが重要となります。
次へのステップアップも視野にいれ、目先の給与だけでなく将来性のあるスキルを身につけられる職場を選ぶことも大切です。
薬剤師のスキルにおいては、調剤の経験は重要と見る向きが多いです。
それも大きな病院の方が、総合的な知識を身につけることができます。
ただし、求人元によっては調剤未経験者を歓迎しているケースもあります。

病院でのスキルアップ

病院勤務で身につくスキルはさまざまな分野で活用でき、将来性は高いと言えます。
調剤の仕事ひとつとっても、大きな病院であれば扱う医薬品の種類も多様で深い知識が身につきます。
患者さんとのコミュニケーションや、実際の医療現場を経験できるというのも大きいです。
また、薬剤師の実務経験を積んでから研修や試験を受け、認定薬剤師・専門薬剤師の資格を取得する道もあります。
がん専門薬剤師、精神科専門薬剤師などさまざまな資格があり、それぞれの専門領域の研究業績なども評価対象となる場合もあります。
パート薬剤師への指導的役割も果たすため、教育的スキルの向上もはかれます。

調剤薬局・ドラッグストアでのスキルアップ

薬剤師としてやはり調剤の経験は積んでおいた方が何かと有利です。
ドラッグストアでも調剤室があるところでは調剤業務を経験することができます。
その中でも多様な分野の調剤経験があった方が、転職においても有利です。
小さなクリニックそばの調剤薬局だと、扱う医薬品はそこの処方でよく使われるもののみ、というケースもあります。
大規模な店舗や、総合病院そばの店舗で働くことで、多彩な分野の医薬品についての知識を身につけることができます。
またドラッグストアでは、数多くの薬の取扱といった経験はさほど期待できませんが、店の商品管理やお客さまへの対応などのスキルが身につきます。
転職の際に、お客さま対応がしっかりしていること、調剤未経験でもかえって成長が見込めることが期待されるというケースもあります。

製薬会社でのスキルアップ

製薬会社では営業系の仕事や技術職など職種により業務内容が大きく異なります。
薬剤師としてと言うよりも、会社員としてのスキルアップ、ステップアップが見込めます。
営業では成果次第で高い給与を得ることもでき、昇給が期待できるなど、そういう点では将来性があると言えます。
また異動により新たな現場で経験を積むことができる可能性があり、スキルアップをはかれます。